輸入住宅の地域ごとのデザイン

###Site Name###

輸入住宅は海外の映画に出てくるおしゃれな外観をそのまま日本で味わうことを可能にしています。輸入住宅の材料は海外の製品を使うこともあるので、海外を連想させるデザインになります。

海外では建物のデザインに強いこだわりを持つので、おしゃれな家にしたくてもデザイン力がない人にもおすすめです。
輸入住宅といっても地域によって外観や機能性は違います。

パリスタイルの浜松の輸入住宅の最新情報が知りたい方にはこちらです。

北欧住宅スタイルはスウェーデンやフィンランドなど寒い地域の特性が生かされています。これらの地域では夏と冬の気温差が大きいので、高気密で高断熱です。

木材を使うことが多いので、ナチュラルな雰囲気を楽しめます。
日本人も昔は全て木造建築だったので、木は関連深い材料です。

木のリラックスさせる香りは長く続くので、落ち着きや温かみのある内装を実現します。


最近の日本では北欧雑貨が人気を集めており、住宅にも北欧テイストを採用したい人が増えています。北米住宅スタイルが、アメリカやカナダが見本です。断熱性と気密性が高く、耐久性も優れています。

これらの国では家は子孫に受け継ぐものなので、長年住めるように丈夫に建てられています。

築100年以上でもリフォームをすれば見た目は美しく、安全性も確保できるほどです。日本の輸入住宅には少ないですが、北欧や北米ではログハウスも定番です。


自然の素材を最大限に活用し、独特のデザインに仕上がります。



ログ材は燃えにくいので火災の心配も軽減されます。

Yahoo!知恵袋の信頼できる情報を得るために調査した結果をまとめたサイトです。