輸入住宅のメリットとデメリット

###Site Name###

周りと違う個性的な住宅を持ちたいと、輸入住宅に興味を持つ人が増えています。


輸入住宅はその名の通り、海外から輸入した住宅のことを指します。

南フランスのような浜松の輸入住宅に関する情報を提供中です。

輸入住宅は国内の住宅にはない斬新なデザインが特徴で、海外の独特なテイストに惹かれる人や、他とは違う住宅を持ちたいという家庭から選ばれています。

Yahoo!知恵袋の情報を確認できるサイトです。

建材はヨーロッパや北米の国から持ち込まれることが多く、日本では北欧風の住宅が特に人気となっています。
北欧の住宅は可愛らしくメルヘンチックなデザインが特徴で、女性から圧倒的な人気があります。

海外テイストの住宅を好むのは主に女性ですが、男性からも一定の需要があります。


男性は古き良き時代の雰囲気を持つ、オールド・カントリー風のデザインを好む傾向があるようです。
国内産の住宅にはない独特なデザインが魅力の輸入住宅ですが、いくつか注意すべき点があります。

輸入住宅は海外の建築基準で作られているので、不具合があった時にそれを解決できる国内の業者が少ないです。海外産の住宅はまだ国内に十分に浸透していないので、トラブルが起きた際にどうするかが問題になります。



日本の住宅と違って壁で建物を支える構造になっているので、リフォーム可能な箇所が制限されるというデメリットもあります。
地震が多い日本で建てるにあたって気になるのが耐震性ですが、国内に輸入される住宅は耐震基準を満たしているものがほとんどなので、耐震性についてはあまり心配する必要はないでしょう。